引っ越し

アフィリエイトで保育園申請とおるの?3万円でも大丈夫の体験談!

保育園

こんにちは、あぶこです。

 

私は今、子供を保育園に預けながら

在宅でアフィリエイトの仕事をしています。

 

 

アップデートで飛ばされる事件もありましたが、

今でもブログだけで5万、

多い時で10万ほどの収入を在宅で得ることができています。

 

 

それだけ収入があれば、

保育園の費用にしたり、習い事の費用にしたりなど

子供を育てるうえで、かなり家計の助けにもなりますよね。

 

 

そのとき私が取り組んだ方法も公開していますので

アフィリエイトの方に興味がある方は是非ご覧ください。

初心者から始めるアフィリエイトの基本講座!仕組みや手順を解説します!

 

私が1番最初にアフィリエイトを知って

やってみたいと思ったときに、

一番ネックになったのが、子供の事、保育園の事でした。

 

 

当時は、子供を保育園に預けパートに出ていました。

 

人間関係で病んでいたので

もういっそ、人と関わらないで仕事ができたら

どんなに幸せに暮らせるだろうと思っていたんです。笑

 

 

そして、いずれは専業の

アフィリエイターになりたいと思っていましたが

 

自宅で仕事をしている = 会社員・パートでない

と、保育園を追い出されるのではないか?

という不安があり、それがアフィリエイトを始めるときに引っかかっていました。

 

 

もしかしたら私と同じように

子供の事、保育園の申請のことが心配で

アフィリエイトのスタートが切れない方

専業のアフィリエイターとしてやってみたい方がいるのでは?

 

と思って、

今回簡単ですが、私が経験した

辞めた後の手順や保育園の手続きの方法などをまとめてみました。

 

 

保育園のアフィリエイターへの転職手続きの流れ

私が会社を辞めようと決心して

会社側に言ったのは、希望退社日よりも

1カ月以上先のことでした。(正確には、1カ月と1週間)

 

 

私より数か月先に辞めた人は

半年引き留められたという話を聞いていたので

少し早めに、辞めることを言おうとしたのです。

 

 

しかし、予想に反して

「今週で辞めていいよ」と言われたため、

正直、あと1カ月分の確実な給与を期待していた私は焦りました。

 

 

そして、”あぁ、私っていらない人間なんだ…

なんてことも思いましたが、

煩わしい人間関係のパートを

辞められることの方が嬉しくて、わくわくしていました。

 

 

それでも、会社を退職する日が決まったので

保育園で今後どうすればいいのか

どのような手続きが必要なのかを

相談し、教えてもらうことにしました。

 

今の園長先生は、長男のときにお世話になった先生で

聞きやすかったのもあります。

 

 

私の子供の通っている市立の保育園では、

「変更届」を書いて出すだけだったので

退職同様、こちらもあっさりで、拍子抜けしてしまいました。

 

 

退職といっても、保育園に通う以上は

保護者は働いている前提か、理由があって育てられない人。

 

例えば、介護のため、妊娠のために

職には就いていない人のことです。

 

なので「変更」ということになるんですね。

 

 

このときに必要なのは

源泉徴収や、最新の給与明細3カ月分などの書類。

 

 

基本は、源泉徴収票ですが、

1年働いていない場合は、直近の給与明細が必要になりますので

見たらポイではなく、大切に保管してくださいね。

 

 

園長先生には「自営の準備を進めている」ということを説明し

3カ月は「求職中」にしてもらえることになりました。

 

 

このとき、仕事(アフィリエイト)についての説明をしようと試みましたが

私の語彙力では難しかったため

「個人の広告代理店のような…感じですかね」と、半ば断念。

 

 

その後は、

「継続入所児童の求職理由申立書」を書いたり

延長保育を利用していたので、その「延長辞退書」を書いたりしました。

 

 

ちなみに、私の住んでいる地域は

保育園の激戦区ではありません。

田舎だしちょっとゆるめなのも考慮してください。

 

そして私の地域では、

自営の場合、民生委員さんを訪ねて

どのような仕事をするのか(しているのか)

説明して、書類にハンコをもらわなければなりませんでした。

 

民生委員とは?

「非常勤の特別職の地方公務員」

民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において、

常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々であり、「児童委員」を兼ねています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/minseiiin/index.html

 

どうしても「自営=社長?=仕事できますアピール」をしたかった私は

保育園では休職中としている3か月の間、必死でアフィリエイトに取り組み

休職期間の終わる3か月ギリギリで、ようやく民生委員さんのご自宅を訪ねました。

 

当時のアフィリエイトは、

右肩上がりではあったものの

3か月やったところでの収益は3万円。

 

3万円で自営業として認めてもらえるのか・・・

前職のパートの収入より少ないけど大丈夫なのか・・・

かなりの不安が頭をよぎります。

 

 

そして、最終的に出した結論は

口八丁手八丁で乗り切るしかない!

 

自営業でやっていくというからには

この人なら自営業でもやっていけそう

という安心感を民生委員さんに与えなければならないと考えました。

 

そして、

プレゼン資料を作り、民生委員を説き伏せないといけない!

という、謎の使命感にかられました。

 

 

まず、アフィリエイトの説明を!

 

「ご年配の民生委員さんにわかってもらうためにはどうしよう」

などと、自分なりにかなり考えて

収益額のグラフを見やすく作っていきました。

 

※民生委員は、給与がなく、活動費で支給されるため

なり手が少なく、ご年配の方が多いそうです。

ほぼ、ボランティアのような感じ。

(うちの地域だけだったらごめんなさい)

 

 

1番大切なのは、

「お金が振り込まれている実態があるか」ということで

収入がわかるように通帳もコピーしていきました。

(もちろん、必要ないところは、マジックで消して…)

 

【体験談】あぶこ が就労証明書のために民生委員にハンコもらうってよ

私は、アフィリエイトで、専業で働くために

パートを辞めて、保育園の園長先生にも自営で働くことを伝えました。

 

そして、この3か月間、自分なりに努力してきました。

 

ここまできたら引き返せない!

そんな謎の使命感を抱いて、いざ、民生委員さんのご自宅へ。

 

 

私は、完全に就職の個人面接のようなものを想像していました。

対面で向かい合って、緊張しながら受け答えって感じのを。

 

不安と緊張の中、チャイムを鳴らすと、

ゆっくりと、ゆっくりと、その家のおじいちゃんがあらわれ

「今、畑に行っている」ことを教えてくれました。

 

oh…そっか、民生委員は職業じゃないんだよね。

このドキドキをどうしたものか…

などと考えつつ脳内で面接シミュレーション。

 

 

ここで諦めて引き返すわけにもいかないので

かなり広い畑を探しに行くことに。

(家に隣接した畑です)

 

おーい、おばーあちゃーん!

(畑といいつつ果樹園なので見つからず)

 

 

ま。結局は、

アフィリエイトの説明は一切せずに

気さくな民生委員のおばあちゃんと世間話をして

ハンコを頂いて帰ってきたんですけどね。

 

 

いや、民生委員さんに世間話をしながら

何か見抜かれていたのかもしれないけれど。

 

だとしたら、かなりのツワモノですわ。

 

 

こんな流れで「就労証明書(自営)」

民生委員さんのサインをもらって、保育園に提出して終了です。

 

とにかく、「収益額が右肩上がりじゃないとカッコつかないかな?」

などと思っていた自分を殴ってやりたい。。。

 

アフィリエイトに転職した保育園の申請手続きまとめ

今回提出したのは

 

「変更届」

源泉徴収や、最新の給与明細3カ月分

 

「継続入所児童の求職理由申立書」

「延長辞退書」

 

「就労証明書(自営)」

お金が振り込まれている実態があるかが大事

 

そんなに書類は多くないです。

 

自営業=開業届を出すところまで

と思っていた私は、こんなに簡単でいいのかと

かなり拍子抜けしてしまいました。

 

 

これは、うちの地域での私の体験談なので

全ての地域に当てはまるとは思っていませんが

 

もし、専業のアフィリエイターになるかどうかを

保育園に継続して通えるかが不安で足踏みしている方の

少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

民生委員の方とは

半年に1度、書類にハンコをもらいに家に行くので

任期中にだいぶ仲良くなりました。

 

民生委員さんが退任されるときには

畑で取れた果物や野菜を袋にいっぱいいただいて。

 

今では、いい思い出です。

 

全てが、今回のようなケースにはならないかもしれませんが

思っていたよりも簡単なのは、事実。

 

夢に向かって、一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

 

人気の投稿とページ

-引っ越し
-

© 2021 あぶログ